雅子さまいじめ。 美智子さま「雅子さんには、シワシワの服がお似合い」 オランダ国際親善で起きた“仰天事件”

でも書いたように、雅子妃はもともと大変にお洒落で、天性センスの良い人である。

天皇一家の御多幸をお祈りします。

平成時代には天皇夫妻と皇太子ご夫妻一家との「生活費」だったのだけれど、衣装道楽の美智子前皇后がこの大半を使っていた。

プライベートな時間は一般家庭以上にあるのではないだろうか(ここで疑問形なのは、皇族方は職員に対してもプライベート部分を見せたがらないからだ)。

自分の特殊な立場を、そうした形で実感させられることは、相当なプレッシャーになるはずです。

ふと脳裏をよぎったのが、ケネディ大統領が新しいアメリカを築く時、実は揺るがぬキーパーソンとなっていたジャクリーン・ケネディという存在。

雅子さまがお洋服を着まわしておられたのは、以前の記事にいただいたコメントで知った。

もっと腹立たしいのは退位した上皇夫妻のための新住居の費用。

20

そうそう、「皇嗣家(秋篠宮家)の皇族費はこれまでの3倍と決められ、今後は秋篠宮一家に年額約1億2千万円が支払われる」という記事を読んで、「やめて!」と叫んでしまった。

というのも皇室は男性上位の構造であるため、天皇陛下はかなり御多忙であるが、皇后陛下はそこまで多忙というわけではない。

名前にこのような法則があることから、 お二人は「陰」と「陽」で対になる運命だ と、噂する人もいるようです。

皇室資料を見れば、平成になっての「公務」と称したお出かけが飛躍的に増えているのが一目瞭然。

お出迎えを担当していた知人は顔面蒼白だった。

この先生が6年間、主管を続け、中学進学後は両陛下の長女・黒田清子さん(47)と学習院時代に同級だった古典の女性教師が務めていたという。

そんな中での米大統領夫妻の接遇では、不安が残る結果になりました。

女系天皇論も鳴りを潜めましたね。

93
また、何を着てもお里の半島民族衣装にしか見えない秋篠宮妃と、何を着てもバスガイドにしか見えないその娘たちにではなく。 だが、あとからこの女官に話を伺ったところによれば 「美智子さまの言われた通りに持って行った」とのことだ。 斎藤 そうした見方は間違っているでしょうね。 そういった趣旨の書き込みが、ネット上にあふれているのだ。 リアルタイムでは全く知らないが、当時の女性では珍しく、テレビやメディアに出たがりで美智子さんソックリだったとか。 そんな実の親からの意地悪に耐えかねて、 皇太子(現在の天皇陛下)は異例の記者会見へと踏み切ったんですね。 旧名は小和田雅子。 具体的には雅子さまが皇室に入られて3年ほど経ったころ御所でひらかれたパーティだ。
51