現金 書留 料金 早見 表。 現金書留手数料早見表

表の縦の項目に郵送金額が記載され、横の項目に郵送物の重量が記載されている。

30

250gまでの荷物は速達だと280円がプラスされてしまうため、どうしても早く相手に送りたい場合以外は使いません。

Q:現金書留の利用者はどのような用途に使われていますか? A:振込が利用しづらい年代の人の通販やお寺や神社に送る利用者は多いです ご祝儀・お香典・祈祷料・お寺関係・通販・お年玉・銀行を使えない・使ったことがない利用者・ 公共料金支払い・戸籍謄本の入手・などに利用されています 現金そのものを急いで送る必要のある場合の利用が多いです Q:現金書留の郵便局留めは利用できますか? A:手紙同様に問題なく利用は可能です。

お金をそのまま渡すと、還暦を迎える方が好きなことに使えるので、喜ばれるかもしれません。

というわけで今回は荷物の厚みが4cm以上の郵送方法を中身別に解説、一番安い方法を紹介するのでぜひ参考にしてください。

返信依頼郵便• [PDF] * 現金書留でお申込み、お求め頂く事も出来ます。

71

これは郵便局の窓口で現金を「為替」という証書に代えてもらい、受け取った人間が額面に記載されている金額を郵便窓口で受け取れる仕組みです。

Q:現金封筒に入らない品物または納まりきれない現金を郵便書留として送りたい場合はどうしますか? A:現金封筒または大型現金封筒に入らない場合は任意の封筒等により「現金書留定形外」として送れます 主な用件 表面には「現金書留」の文字 サイズは3辺合計90cm(最大長60cm)、重量4kgまで 郵便物には現金の輸送に耐えられるしっかりした梱包とする必要がある 封じ目(包装及び梱包に使用したテープの横や端含む)には各辺ごとに端と中心部3カ所程度に封緘印が必要 弱い封筒(単なるA4茶封筒など)は引き受けることが出来ない 郵便局で出す場合は、輸送に耐えられるの利用が可能です。

郵便局、またはゆうゆう窓口で受け取る 現金書留を送る際に「郵便局留め」を選択している場合は、郵便局、またはゆうゆう窓口で受け取りが可能です。

代金引換• 家族への仕送り、あるいは遠方のご友人の結婚の報告などで現金を送りたいときに、 現金書留で送ることができます。

外国通貨を送る場合は、一般書留または簡易書留を利用しましょう。

定形郵便物(25gまで)82円+オプションサービス現金書留430円+5,000円ごとの加算10円=合計440円 日本郵便では現金書留が万が一紛失した場合などに実損額を補償してくれる制度があり、その額は最高50万円となっているので、送金した金額内の範囲内で賠償してくれます。

2016年用の表記に変更しました。

相場としては定価の94%~96%程度で、店舗によっては1枚から買えるのもメリットです。

32