枯れ た 技術 の 水平 思考。 水平思考

Goldfireとは? イノベーションをより「起こしやすく」する。

)」を専門誌『』に投稿し、1958年1月号に掲載されている。

「水平思考」(Lateral thinking、エドワード・デ・ボノ Edward de Bono 提唱)とは、今までなかった使い道を考えるということである。

それ故競合製品とは桁が一つ違うスタミナを実現して他社を突き放した 序ににも耐える性まで手に入れた。

だが、『レーザークレーシステム』は失敗に終わったもののアーケード事業は継続され、ゲームセンター向けのを手掛けるようになる。

(1986年12月19日 ファミリーコンピュータ) プロデューサー• 射撃玩具『』が代表的な存在で、をとしてではなく、光に反応する性質に着目しとして使用。

(1981年 ) - プログラミング以外は全てが開発。

(1984年 アーケードゲーム)• (1977年 業務用)• これは、「 ウルトラシリーズ」と呼ばれ大ヒットします。

ただ、こういった専門用語に不慣れなわれわれは、これらの言葉から「革新的」というニュアンスを受け止めてアレルギー反応を起こしてしまいがちです。

34

AO-tutorの家庭教師制度では、講師が生徒様の学習状況や目標をしっかり把握し、生徒様の力が最も伸びるように最適化されたオーダーメイドの指導をご提供します。

枯れた技術は裏を返せば「既に完成されているため信頼性が高い」ことも意味しており、一から全て組み上げるよりも安定している面がある。

本当に役目を終えている代物を使うとなると、再現のための研究や再開発の費用が発生、メーカーでの生産ラインの再構築などで、むしろ高く付く場合さえある ジョークグッズなので方向性が異なるが、などはその典型と言える。

この考え方、なんだかソフトウェア開発にも適用できそうな気がしてなりません。

発想が楽しい。

これを置きのようにして、、を退社する。

それを救う形で、液晶を搭載したゲーム機「ゲーム&ウオッチ」が開発され、大ヒットとなります。

その後、新しく設置された開発課最初の課員としての開発の中心となり、さまざまな商品開発に携わっていく。