中川 あきの バスケ。 元バスケ日本代表・中川聴乃がプロデュース!高身長向けシューズ『JB AKINO』発売!|JELLY BEANSのプレスリリース

1984 年からスタートし、ノンレザーならではの綺麗な色味やオリジナルデザイン、やわらかな履き心地で多くのファンの心をつかんでいます そして引退後のセカンドキャリアの話しなど
現在も国内トップの環境で戦っています 「大きな足の私が悪いのかな?いや、違う!」その思いが募り、今回の「JB AKINO」プロジェクトが発足されました
地元にいたときは、自分中心にプレーしていましたが、転校してからは上手い人がたくさんいて、周りとの息の合わせ方、周りに合わせたスピードの上げ方を意識するようになりました TOKYO DIMEの中心選手として初年度から日本一を達成
最近は得点が取れるポイントガードも多いですけど、それ以上にまずは周りを活かすことが求められます アウトサイドとインサイド両方ができるオールラウンダーで、ボールを持ったらどんどんゴールに向かっていきます
何本もシュートを決められて相手にリズムを作られている時に、ペースを落とすためにゾーンに切り替えたり、外国人選手が不在の時にインサイドを固めるためにゾーンで守ったり、試合中にディフェンスの形を変えることがあるのでぜひ注目してほしいですね 苦しくて苦しくて、口に枕を当てて一人で毎日泣いていました
その数年間をくつがえすためにも、もう一度大きい目標に向かってチャレンジしたい 中学2年時ではレギュラーでスタート出場し、全国大会でも主力で活躍し、長崎県選抜に選出されていたが、中高一貫校で高校に進学し、U-18代表にも選出されたが、日本一になりたい思いを抱き、高校1年時の冬にに転入
そして2年生のときにインターハイに出場 頑張った分だけ、神様はご褒美をくれる
そして、他人に対してそんな風に考えてしまうことも、また自分を責める要因になりました すぐにやりたい事が見つかるはずもなく
参加してみると、先に入っていた周りの子達が自分より上手くて、いつもの負けたくない根性が出てきましたね その30秒の間に、パスをくれた仲間もいましたし、オフェンスとディフィンスも一回ずつして
行動すれば自ずと見えてくるものがあると信じました 5cm
86 69
勝てば、周りが喜んでくれる 長崎県長崎市に生まれました 小学生のときの積極性は失われていったんです
2校目を見学するのはやめて、1年生の冬に転校することを決めました ほかにも軽量で滑りにくいしなやかな底材(ソフトミクロ底)採用、素足で履いても痛くなりにくいつま先のウレタン加工、通気性と肌触りにこだわった人工皮革スエードの使用など、心地よく履けるような工夫が詰め込まれている
2006年3月、同高校卒業し、シャンソン化粧品に入社 その人達のために頑張ろうという想いでした
important;-webkit-box-shadow:none! しかし、順調に練習にも参加し、いよいよリーグ戦が始まる 基本的にどのチームも使う作戦で、ヘッドコーチから指示が出ますし、選手たちの判断で仕掛けることもあります
履き口も浅すぎず深すぎず絶妙なバランスでデザインしています クッションは寝具などにも使用されている「マザータッチ」という衝撃吸収、荷重分散性能のあるウレタンフォームを使用しています
苦しい時期はあったけど、それが財産になっている 長崎で描いた「日本一になりたい」という目標を、達成できました
今は、これからの人生が楽しみですね 例えば「地方新聞に載りたい」「全国紙に載りたい」「バスケット雑誌に載りたい」など
中学2年時ではレギュラーでスタート出場し、全国大会でも主力で活躍し、 長崎県選抜に選出されていたが、中高一貫校で高校に進学し、U-18代表にも選出 しかしそのうちに、リハビリに専念する期間が何年も続くようになりました
2