ウーユリーフ の 処方箋 ネタバレ。 マツリ(uyrh) (まつり)とは【ピクシブ百科事典】

エンディングが決まっていたとしても、それまでにキリオが抱いた想いや葛藤はキリオだけのものだった。

そう思えるようになったひとつの要因はカナタ役の小笠原さんの真キャストコメントでした。

プレイヤーキャターの色が強く、それなりに重要な役目を背負っていたミト、乗り越える対象として細かく作り込まれたキリオなどとは違い、進行役でしかなかったノゾミとカナタは、こういう目的のゲームなので「あれ以上必要がないのであれ以上の設定はない」のかも、みたいなことを感覚的に思って、それがすごく寂しくなりました。 ……まさか……「推し」……なの……? \マツリ終了のお知らせ/ あれだけイケメンなら無理もないな……。 一方で、ゲーム内ロボット達に同情するなどといった心優しい面や、ゲームストーリーを進める大胆な面といった王道の主人公らしさも持ち合わせている。 特別ストーリー時には念願叶ってAYKグループのパフォーマーとなっている。 数字はあってるけど入力の仕方が違ったり。
3
激しい動悸。 キャターは、この時創作者が与えた「個性」に従って行動します。 STAGE01-06 通行証 ちょっとした探しものゲームです。 色々書いちゃいましたが、【 決して円香くんの事が嫌いなわけではないし (だって嫌いになれるほどよく知らない)、エンディングに不満がある・こういう展開はやめてほしかった……と言いたいわけではないです 推しはミトとマツリとンアウフです。 目覚めて最初に驚いたのは更紗さんのことかな… てっきりヒールユープロジェクト内でナビゲートする役目のキャターかと思ってた。 ・流れ着いた先の駅にンアウフがいて、合流できた ・後にわかるよ、と言われていたのはンアウフもまたゲームの進行を知っていたことになるのかな ・というかミトミトはメタ的な存在である意味はわかったけど、他のカナタノゾミあたりはどうなの??もしアレが演技だったなら、めちゃめちゃすごいと思います。 みんな生きてるよ」と。 自分が作ったキャターのストーリーを考えている時、作者の都合を無視してそのキャターが頭の中で喋り出すとかそういう話。 また母親との関係も、離れて暮らすことで落ち着いた。
52