アロマ フレスカ。 「イタリア」に縛られい実力派シェフ「アロマフレスカ」原田慎次さん

「懐石風小皿料理」のイタリアンを確立した片岡氏の心意気が受け継がれていると言えるだろう 目黒へお越しの際にはぜひご利用ください
その瞬間、イタリアで修業していないことへのコンプレックスのようなものが、すうっと消えた うわぁ
そして14年 インタビューのきっかけは、一つの栗菓子でした
最寄駅 東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 徒歩1分 アクセス 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」8番出口より徒歩1分、銀座トレシャスビル12Fです RT : 最近のブームは、料理通信のお菓子の回を少しずつ集める事です
息つく間もなくアドレナリンが出っぱなし」 初めて挫折を味わったのは、24歳で「ヂーノ」の2号店「ジリオーラ」のシェフを任された時だった 20:30 定休日 日曜日 毎月第1月曜日定休(第1月曜が祝日の場合は営業) お支払い情報 平均予算 【ディナー】 20000円 16000円(定番コース)と20000円(季節のコース)の2コースのみ クレジット カード VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, NICOS, MASTER 設備情報 キャパシティ 20人 席数形態 2名様から最大6名様までのお席が7テーブル、20名様まで
7

では、『アロマフレスカ』で修行を積み、独立したシェフたちは現在どんなイタリアンを提供しているのだろうか。

スペシャリテの『穴子の香草蒸し フレッシュトマトの香り』は、ディルやローリエといったハーブと穴子を交互に重ねて40分ほど蒸し、皿に裏ごししたフルーツトマト、穴子の上にホワジャオ(花山椒)、脂を添えて仕上げた逸品。

お店の味そのままは難しくても、家でおいしく焼くには、ホットプレートで上手に焼くには、それぞれコツがありそうです。

季節のディナー Course Dinner• イタリア料理の常識を破ってもかまわない。

現在はそれぞれの得意分野を生かして腕をふるっている。

96 58