花 より 男子 二 次 小説 とりあえず。 L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

「稜、ちょっといい??」 「ん、何??」 「あなたに、話しがあるの。

」 「へぇ、じゃあ梓の彼氏ってこと??」 「あきら、まぁ、そのへんにしとけよ。

話はそれだけ?」 花沢類が席を立とうとすると、 「まだある。

とりあえず、牧野が元気になるまでは傷を癒してやることしかできないとおもうけどね」 類はそう言ったあとに、 「その点、あきらにおいしいところを持っていかれたような気がするんだけれど」 「どういうことだ」 「あきらは、まったく無自覚だったから今日も本当に気まぐれに迎えに来たんだと思うけど、結局牧野を連れていってしまったのは、あきらだってこと。

何か、やっぱり君達って凄いんだね、、、。

「で、どうするつもり??」 「はい、とにかくフランスに行って、彼女を探して、何もかも謝ってきます。

」 「わかってない。

「ねぇ、F4よっ!!まさか、こんなところでお目にかかれるなんてっ!」 「大人になっても、やっぱり素敵だわぁ」 パーティーに出席していた女性達が、騒ぎ始めた。

39
。 」 「そんなの、最初からわかってるよ。 あっ、これがオレの母さん。 。 「おい、総二郎。 。
92
あの、、、今日は、いつもと感じが違うっていうか。 。 。 」 つくしは、その言葉に凍りついた。 」 「おかえりなさい。 あの瞬間から、彼女に惹かれている事に気付いた。 。 。
23