私のおじさん 感想。 私の家政夫ナギサさん

物語へのアプローチが本当に新鮮で、多くの登場人物を誰一人として無駄にせず生かし切る脚本が見事でした! まずタイトルから何となく「足長おじさん的な甘ったるいヒューマンドラマ」を想像していた私は、人生の殺伐とした部分を全部詰め込んだような第一話に不意打ちされました。 ジュニョンは徹底して部屋の盗聴器を探すが、怪しいものは見つからない。 「大人一人のせいで、二人とも苦労したな」 ドンフンの言葉に、「クソッ」呟くグァンイルの目には涙が…。 都合の悪いことも、カッコ悪いことも、情けないことも、お互い常に何も隠そうとせず、兄弟で助け合う姿がこのドラマの何よりの癒しでした。 このジアンを殴るグァンイルという男。
9
その後ろ姿に「ファイティン」声をかけます。 なんてことない。 数日後、会議室に呼び出されたひかりが目にしたのは、千葉迅(城田優)、馬場桃花(青木さやか)、出渕輝彦(小手伸也)、九条隼人(戸塚純貴)の姿…。 ユニ(ドンフン妻): イ・ジア• すると、突如商品券がビルのゴミ置き場から見つかる… ドンフンは「5000万の商品券を捨てた男」として社内で英雄扱いされることに。 でも見てみるとすごくハマってるし上手。 そして周りを見回し、ジアンの姿を探しているかのようで。 それで「合わない」と感じたら、それ以降はそのジャンル自体、完全に足が遠のいてしまうからです。 本当に良い曲ですね。 そんな中で本作はIUさんの女優としての評価を最も高めた作品となりました。 ところが、翌日、匿名の告発を受けた監査部より調査が入り、ドンフンの机を確認されます。
25 99