タイトリスト 620mb。 全米オープンでタイトリストの新作アイアン、『620MB』『620CB』『T100』がデビュー!

アレェ?高さスピンは申し分ない、飛距離もそこまで落ちこまない。

タイトリスト「620MB」アイアン• まぁ、当然ですけどねw。

そういう意味では、使うことでプレーヤーを育ててくれるアイアンかもしれません ショットメーカーのための次世代アイアン Tシリーズ(T100、T200、T300)が万人向けモデルだとしたら、新たに登場したもうひとつのアイアンシリーズはタイトリストマニアのために設計されたものだ
球の上がりやすさとか、操作性なんかはほぼ変わらないと思いますが、少し難しいかな?っと言う感じです 使いこなせているかは不明
今や、笑ってしまうほどコンパクト! これならセッティングを考える上で、ユーティリティーを多く入れたり、長い番手だけほかのモデルを入れたりと、セッティングを柔軟に考えられます 打ってみると、ズシっと手に来る重厚な打感が
弾道の頂点が黄色のMBの方が低く遠くにあります CBがややグースなのに対し、 MBはかなりキレイなストレート
実は、タイトリストの2019年モデルのアイアンは全て6番からのセットです まあ、操作性が最優先にされているアイアンですから当たり前といえば当たり前なのですが
とはいえ、やはりダウンブローに打ち込める技術とスイングで球をつかまえられる技術は最低限求められるでしょう 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用
打感は気持ちよく、何より操作性が素晴らしい! 620MB ヘッドスピード 46. シャフトとの組み合わせは特に気にしていませんが、あまりにも柔らかいと捕まりすぎる可能性があるので慎重になった方がいいです グリップは「620CB」同様、細めに感じました
620MBも620CBも8月8日よりフィッティング開始 この手のアイアンは、ダウンブローに打ち込んでの抜けの良さを確保する必要があるでしょうから、当然ソール幅は狭くなりますよね
72
度数の差が少ないことと、先に述べたように 620CBは3、4番にタングステンを内蔵して低重心化を図っていることがその要因です。 (前払いの場合) 当日の12時以降のご注文で、お急ぎのお客様はご連絡ください。 練習場では当たり外れが大きいアイアンという評価で終わってしまいがちですが、コースでミスしたときに飛んでしまうクラブは「狙ったところではないところに飛んでしまう」わけですから、ケガが大きくなりやすいとも言えます。 最低でもある程度ダウンブローに打ち込める技術は求められます。 打感…5 ここも文句なしですが、厳密には4. スペックは、ロフト角34度、ライ角63度、長さ37インチ、総重量433g、バランスD2。
10