白い 巨塔。 白い巨塔

(第一外科医局員) 演 - 浪速大学を奨学金で卒業し、外科医療の現場で活躍する財前を尊敬している。
人間の欲望や思惑、生き様がドラマチックに表現されています マミ(ケイ子のクラブのホステス) 演 - 佐々木庸平 演 - 財前の誤診で死亡した人物
2003年のドラマ化の際には、ドラマのワンシーンの写真などが帯を飾った 二章では、佐々木庸平の主治医を務める
関口とは同じ事務所に所属していた時の間柄 野坂教授: - (整形外科教授)• このため、財前と東の行きつけのバーが同じ店となり、「東が後任教授として財前を推さずに移入教授を立てる」件についての東と鵜飼の密談がケイ子に漏れてしまう結果となっている
結果、裁判の判決は財前側の敗訴となった 過去作品に加え、悪辣な描写が抑えられている
その一方で医学者としての良心を忘れずにおり、小西みどりの手術の際に密室オペには賛同できないと言って退出した他 、教授選において本業そっちのけで医局内の工作にやっきになる佃を窘めたり 、終盤に財前の病状について緘口令を敷くよう命じる鵜飼を険しい表情で睨みつけるなど 、第一外科の医局において常識人の役割を果たした プロデューサー - 、• 途中で遺族が立ち止り、解剖病棟まで付いて行かないのは実際のモーツァルトの葬儀をヒントにしたものである
遺族は診療中の財前の不誠実な態度に加え、一家の大黒柱を失ったことにより提訴を決意する 特別版 [ ] 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 2004年3月25日 はじめての告知 村上正典 26. 野心家で傲慢な財前、良心的で愚直な里見
他大学の医師 [ ] 船尾悟(東都大学医学部長・第二外科教授・日本外科医学会会長) 演 - 同じ東都大出身の東教授から依頼を受け、第一外科後任教授に教え子の菊川を推薦した人物 (方言指導も担当)• 毎朝新聞社会部記者:• 概要 [ ] 原作の6度目のテレビドラマ化
但し、ビデオ・DVD版では未収録とされている V6としてグループ活動をする傍ら、数々の映画・ドラマに出演し、2018年、映画『関ヶ原』で第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、直近でも主演映画『散り椿』が第42回モントリオール世界映画祭で審査員特別賞を受賞するなど、俳優として目覚ましい活躍を見せ、確固たる地位を確立しています
会長、副会長に学部長、病院長夫人が就任するのが慣例で、が世話人、まとめ役を務める 浪速大学病院図書館司書
78 29