新潟 県 高校 サッカー 選手権。 【2種】全国高校サッカー選手権大会新潟県大会:歴代成績

夏のインターハイでの敗戦を糧にチームとして更にレベルアップをはかりました 全員守備、全員攻撃がチームのスタイル
今年は声出し応援が禁止で、 手拍子のみの応援となりましたが、 とにかくこの大会が行われたこと ちなみに、今年のベスト8の中で優勝経験がなかったのは新潟南だけでした
両方とも第42回(1963年)以前の情報が載っていないのは何故だろうかと思って選手権のを見てみました 昨日は・・・ 全国高校サッカー選手権 新潟県大会決勝 帝京長岡高校vs新潟明訓高校 でした!!! 帝京長岡高校は昨年 全国大会ベスト4の実力
特に今大会予選では準決勝、決勝で計9ゴールを挙げるなど爆発的な得点力でライバルたちをねじ伏せた 」 「感謝の気持ちを忘れずにチーム一丸となりチャレンジャー精神で試合に臨み、日本一を目指して頑張りたいと思います
」 「県予選では苦しい試合を勝ってきました 帝京長岡は平均得点が2を上回るのに加え、無得点が15試合中1試合しかないのです
北越もプリンスリーグ北信越1部2位タイの15ゴールを決めているFW中心に星稜や新潟ユースに黒星をつけるなど実力は十分 かつては関西で開催されていたことも含め、知らないことばかりでした
(それ以前はサッカーでなく「蹴球」) こちらのによれば、第33回大会の出場校は20で、第60回記念として初めて全都道府県に門戸が開かれたそうです 雰囲気はチームみんなが仲が良く小学校年代から同じチームでプレーしている選手が多く学年の壁はほぼなく、サッカーに集中しやすい環境にある
プリンスリーグ北信越1部では3位に入った 夏の厳しい試合を経験したことで県予選中先制される場面や追いつかれる場面においても動じることなく自分たちのペースで試合を運ぶことが出来たのが優勝の要因ではないかと思います
スピードある突破が持ち味 優勝の原動力になった
お互いが夢の全国をかけた一戦 悲願の全国大会を目指します
11