プルーム テック マスカット。 プルームテックプラスの新フレーバー「マスカットグリーン・ミント」を試してみた

【全20種】プルームテックプラスのフレーバーを紹介 プルームテックプラスでは20種類の銘柄が発売されています。

と言った感じではないですね。

重めのタバコが好きな人には合うかも? プルームテックプラスのフレーバーの中で一番重いフレーバーでした。 まとめ 何故マスカットなのか、という疑問が最初にありましたが、実際に吸ってみた感想としてはカバーしきれていないジャンルを埋めてきたという印象が強いです。 新フレーバー「メビウス・ゴールド・マスカットグリーン・ミント」• メビウス・エナジー・スパーク・ミント• ワタシもセカンド機として愛用していくつもりです!. プルームエスはまだ高温で蒸して蒸気を発生している感じですが、プルームテックまでくると、もはや温める程度の加熱です(笑) ただし、低温だからといって吸いごたえが全然ダメなわけではありません。 ちょいOFFにぴったり これはプルームテックのキャッチコピーでもあるんですが、完全に的を得ていると思います。 レモン・ライムはコアなファンがつきそうなフレーバーで、後半の苦味を良しとするか苦手とするかで意見が分かれそう。 このような仕組みの加熱式たばこは、IQOSシリーズにもgloシリーズにもないものです。 ということは同じ口径サイズのスティックということで、プルームエスでも楽しめるということです。
59
プルームオンラインショップ• まず、メンソールが強いのでマスカットを薄く感じます スッキリしたメンソールというよりも、ペパーミントの味わいが前面的に押し出されたフレーバー
プルームテックプラスウィズの加熱温度は40度 公式サイトより プルームテックプラス時代から加熱温度は変わらず40度です なんだこれ
通常銘柄と限定発売銘柄があり、 限定銘柄は市場に出回っている分で販売は終了します 今回はプルーム・テック・プラスの期間限定フレーバーの2種類をゲットしたので気になる 味についてレビューします
Androidならアプリもありますので、興味を持った方は一度試してみてはいかがでしょうか?. なんですが、ベタベタした甘さというわけではなく、あくまで軽量なピアニッシモたばこがそこにはいて、総合的にライトで甘みのあるたばこに仕上がっています 表にしてみると空いていた場所をしっかり埋めてきているんだな、というのが分かります
パックから取り出して直に嗅ぐと、清々しいマスカットの芳醇な良い匂い 他の加熱式たばこは吸いながらなんとなく頭の中で「あと3回くらいか〜」なんて考えますが、それが可視化できるので、よりボーッと吸うことができるようになりました(笑) ただ、この残量表示は正確にカプセルの残り残量や吸った回数を計測しているわけではありません
ゴールドリーフを使っているのでキック感や吸いごたえもそこそこあります では、いいかげん吸ってみます
タバコカプセルを差し込んで吸っていると、ディスプレイに電池とタバコスティックの残量が表示されます メインになれなくても、ニオイが気になる場所で使ったり、タバコ臭くなりたくないときにワンポイントで使うのはありかなと思いました
思ったよりキック感もあって、香料のおかげで味わいは全体的に豊か なので仕事中にふと一口吸って、30分経ったらまた吸うみたいな使い方をしています