Nike エア ジョーダン。 NIKEエアジョーダン1MIDはダサいのか?

しかしバスケットボール選手が皆ハットを好んでいたかというと、そうでもなくて、足首の自由な動きを重視する選手もいました。

似ていますが、ハイの方が履き口あたりにボリュームがあり、ミッドの方がシャープな印象です。

2021年の現在も注目度が高いモデルです。

マイケル・ジョー. ミッドカットよりもさらにレザーが硬い気がします。

1984年の発売以降はシリーズ化され、幾度ものアップデートを繰り返し、30年以上経った現在も依然として高い人気を誇っています。

そこで、今回はエアジョーダンを完全解説するべく、その誕生の秘話に迫るとともに人気のレトロモデルや最新のおすすめモデルをたっぷり紹介していきます。

ローとミッドは全然似てませんが、ミッドとハイは似ていますね。

空を駆けるような彼のプレースタイルをイメージしてデザインされた。

ハット、ミッドカット、ローカットを並べて真正面からみるとこんな感じです。

デザイン性のみならず、ナイキのテクノロジーが詰まった履き心地の良さも人気の秘訣。

ローカット:エアジョーダン1 LOW パイングリーン シューレースの穴の数:7個 カカトの高さ:約10cm ミッドカットより穴の数が1つ少なく、高さは3cm低いです。

18
ちなみに、似ている靴ばっかり買うので、嫁には怒られます(笑) AJ1を比べてみました パッと見だけではなくて、ある程度の具体性が欲しいので数字で見ていきましょう。 ナイキ側も保険として、最初の3年間で「新人王を獲る」「オールスターに選ばれる」「平均得点20点を達成する」のどれか一つでも達成できなかったら、契約を3年で切り上げるという条項も追加していました。 エアジョーダンとは? エアジョーダンは、アメリカNBAの名バスケットボール選手であるマイケル・ジョーダンの名を冠したバスケットシューズ。 が少し違います。 バスケットボールシューズならではのボリューム感あるシルエットは、スポーツシーンはもちろんのこと街履きとしてもストリート映えします。 当初はバスケットボールシューズとして販売されましたが、ジョーダン人気とデザイン性の高さなどからストリートでも爆発的な人気に。 一枚革のリザードスキンのアッパーに放射状に広がるステッチと、シューレースフックが特徴的なモデルで、ソールには薄く反発性の高いZOOM AIR ズームエア のクッショニングシステムを搭載。