老 犬 食べ ない 余命。 相談です。14歳の雌のチワワを…(犬・14歳)

無理やり食べさせることで愛犬が嫌がるようであればそれを尊重し、残された時間は少なくても今後は点滴や、水分のみで栄養を補うこととなります。

酷い場合には「うつ病」になってしまうケースも。

ペットの葬儀というものに、不安はつきものです。
しかし、マッサージは自らの手で、愛犬に手当をしてあげることが出来ます そんな思いは絶対させたくないのです
どうか宜しくお願いします
静脈内点滴が一番効果的ですが、それをしようとすると入院治療となります 後は、いかに苦痛が少なく、僅かな余命を生きるかを考えた方がよさそうな気がします
心から祈っています 穏やかな優しい子でした
まず最初に、慢性腎臓病は直る病気ではありません しかし、上記のような代謝の低下や、食べ方の変化においては、病気での食欲低下と大きく異なるところがあります
でもご飯を食べないなら・・・・ もしかすると腫瘍認定医のいる病院に在庫があるかもしれませんので、 問い合わせてみてはいかがでしょうか
14
病院に連れていくにも負担がかかるとなってからは炎症を抑える飲み薬などを処方してもらっていましたが、最後は起き上がれないまま床を動き回って、うんちまみれになって亡くなりました。 少しでも長く愛犬と一緒に過ごすためには、適度な運動やバランスのとれた食事をするようにしたいものです。 うちの死んだ犬も最後の方は食べず、人間の赤ちゃんの離乳食(タマネギなどの成分をチェック)やステーキなども最初は喜んでましたが直ぐに食べなくなり、犬用の流動食を注射器に針のついてないシリンジというのを獣医師に分けてもらい(500円位)口の横から入れてました。 (余命宣告の半年を過ぎ、すでに1年が過ぎました) 余命宣告は医者の見当違いだったのでしょうか?いえ、違うとおもいます。 犬は「食べる」の楽しみは犬一倍?! なので食欲がなくなるということは老犬にとっては一大事。 動物病院で輸血をしたり、透析をした場合は数週間単位の余命になるかもしれませんが、飼い主も覚悟をしておく必要があります。 葬儀のことでしたらどのようなことでも、いつでもお気軽にご相談ください。
29