未来 翻訳。 機械翻訳の未来:気鋭の研究者が語る、AIの言語感覚スパイラル

あらゆる業種・業態には、いつか終わりがきます。

コンピュータの歴史は「人工知能」探求の歴史でもあった photo by iStock ディープラーニングは「言葉の意味」を学習しない ディープラーニングは現在、俗に「AI」とよばれる技術の中核となっている考え方だ。

Greek• 機械のと、それができること、できないことを知った今こそ言える。

Finnish• その結果、従来はルール化が難しかった、非常にあいまいなものを判断するソフト開発に向いている。

「機械が発達すれば、いずれ人間の者はくなるよ。

コーパスベースとは統計モデルと機械学習を足したもので、10万語ほどまで対応できるようになった。

『TOEIC960点レベル』の高精度 最先端技術の機械翻訳エンジンを搭載することで、TOEIC960点レベルのビジネスマンと同等以上の翻訳精度を実現。

今後は 機械翻訳を使うことで、みずからの言語能力を向上させることができるようになるかもしれません。

32