コロナ ウイルス 名前 の 由来。 コロナウイルスの名前の由来について。下記の2通りの説明で、 表現の仕

参考までに日本語、英語およびドイツ語のWikiの「コロナウイルス」と 「コロナ」の項の名前に関連する部分を訳して見ました。 このコロナウィルス達に共通して見られる特徴の1つがその形状です。 RSウイルス• WHOは新型肺炎を「COVID-19」と命名。 593• ヒトに日常的に感染する4種類のコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)は、HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1である。 ですが、そもそも、「コロナウイルス」の「コロナ」とは、一体なんなのでしょうか?今回の記事では、そんな「新型コロナウイルス」や「新興の病気」の英語の語源に迫ってみようと思います。 非常に近縁で、同じ種に属しているからです」 このあたりの事情は少しややこしい。 『N501Y』は変異ウイルス名としても、アミノ酸置換名としても用いられており、混乱の原因ともなっています。 国立感染症研究所ホームページに掲載されているコロナウイルスの写真と構造. コロナ温泉やコロナの湯、コロナワールド、コロナシネマなど……「コロナ」を使う場所は意外とある。

もともと「コロナ」は ラテン語で「王冠」(ギリシャ語ではコロネ)を意味する。

また、ほかの動物種も、この感染に関与しているに違いないと考えています。

また、ウイルスと細菌は 大きさも全く異なります。

こうした動物由来のコロナウイルスは、コウモリやラクダだけでなく、家畜や野生動物も含め、 様々な動物から固有のコロナウイルスが検出されています。

これは「電子顕微鏡で撮影されたその形が、太陽のコロナ(としてもたまたま有名な冠型)のように見えるからである」という意味なのだと思うのです。

残りの4種類は、 人コロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)と呼ばれています。

というのも、先程もお伝えしましたが、具体的な地名を病気などにつけてしまうと、風評被害が広がって、その場所自体が差別されたり、動物名ならば、買い控え(例えば、豚コレラなど)が起こってしまったりするので、正式名称には使われません。

SARSという病名が2003年に付いたのは、ウイルスに名前が付くよりも先だった。

「コロナ」は悪い言葉ではない コロナウイルスによって、本当に多くの企業が影響を受けた。

51