赤磐 市 事件。 岡山県赤磐市の治安【事件や事故など】|治安マップ

日本刀で執拗に刺したとされる行為の動機が判然とせず、地検は当時の精神状態を調べるには鑑定留置が必要と判断したとみられる。

37

スポーツの面からとらえれば「スポンサーの位置を盾にした横暴」、政治から見れば「一種の公金の私物化」とも言えます。

5月の予定ひとつ延びたのばかり楽になりましたが10が9になった程度 笑 その都市対抗野球は東北予選の組み合わせが決まっていましたが、決まっていた以上のことは分からず。

赤磐市・佐々木ゆうじ議員による岡山シーガルズ恫喝事件から触れますか。

逆ギレして副議長かさに来て支出パーにしかねない。

佐々木ゆうじ氏は維新推薦、との話ですが、この勢力の構成員がチンピラと見紛う行動取りがちなのは至る所で散見されてますね。

死刑求刑・結審 そして第23回公判(11月26日)で 検察官が事件全体に関するを行い 、「被告人には完全な責任能力があり、被害者らが殺害に同意していなかったことも明らか」などと主張して 、被告人Sに死刑を求刑した。

逆恨みいう言葉ありますし。

それから余罪は本当にないのかを十分調査し、今後の対策も市民への公表を。

しかし議員の一人が突然、「100条委員会の終了」を発議し、賛成多数で、調査不能で解散となった苦い経験を思い出しました。

こんな市長は迷惑です。

SNSで書かれた様なこと言う筋合いはない。

前者は「赤磐市議員の岡山シーガルズ恫喝事件」後者は「イオ信組放火事件」。

職員が適正な措置をせず、北川議員の言いなりに甘んじた。

市民有権者からは思い思いの目線があっていいでしょう。

ドイツでは五年以下の自由刑又は罰金である(独266条)。

しかも幹部と一緒に共謀して犯行を重ねているなんて、教育委員会という組織はいったいどうなっているのでしょうか。

また関係した二人の幹部は、関与の程度でそれなりの懲戒処分。

教育委員会という大層な名前の組織で働いていたようですが、やっていることはどこかの組事務所と同じようなことなんですね。

どうしてこんなことになったのでしょうか。