竹 鶴 ピュア モルト。 ニッカウイスキー 竹鶴 ピュアモルト

独創性あふれる調和の誕生です。

ウイスキー部門のほか、ブランデー、テキーラ、ジン、ウォッカなどの部門があり、商品名を明かさないブラインドテイスティングによって厳正な審査がおこなわれる。

重厚なモルトの甘みとコクが感じられる味わいです。

そのこだわりの象徴が 「石炭直火蒸留」です。

新しい「竹鶴ピュアモルト」。

そして、わずかに水を加えて。

新記事「175号 テイスティングコメント 【後半/全2回】」アップしました。

世界のウイスキー業界を代表する評論家が、最近発売された多彩なカテゴリーのボトルを試飲して作成した詳細なテイスティングノートです。

世界のウイスキーラバーが探し求めているあの軽井沢シングルモルト12年・幻のウイスキーを飲める、またとないチャンス。

竹鶴ピュアモルト 竹鶴ピュアモルトの特徴である「香り豊かで飲みやすいピュアモルトウイスキー」という特徴は受け継ぎながら、現行の竹鶴ピュアモルトに比べてより宮城峡モルトと余市モルト、両蒸溜所の特徴が感じられる味わいにクオリティアップしました マッサンこと竹鶴政孝により前身の大日本果汁株式会社が1934年に設立
そして、わずかに水を加えて
「竹鶴25年ピュアモルト」として本年3月に発表されたWWA世界最高賞に続く今回の栄誉は、私たちの真摯にウイスキーづくりに取り組む姿勢からうまれた品質を世界に認めていただいた証であり、ブレンダーとしてこの上ない喜びを感じています 次々にあらわれるモルトの個性を確かめながら、ブレンドの技に想いを馳せてください
よく熟成したピーチやトロピカルフルーツのような果実香 「典雅な香り」「秀麗な味わい」と表現される、これまでにない繊細な味わいの逸品です
年間販売数量は22,000箱に限定して、 2020年3月31日 より発売するとのことです 2020年3月をもって竹鶴17年・竹鶴21年・竹鶴25年が 終売となり、竹鶴ピュアモルト(年数表記なし)はリニューアル
90