進撃 の 巨人 ジャン 死亡。 【進撃138話】ジャン・コニー・ガビが!諌山先生の最後の地獄

ミュラーが「足をケガしたのか!?」とアニの父親に手を差し伸べると、アニの父親は「いや、元から悪い」「助かったよ」「あなたが空に弾を撃ち尽くしてなかったら、俺達はまだ殺し合ってただろう」と伝えていく 「ごめんね、この話はしない約束だったのに・・・」 エレンは言います
仲間を乗せたファルコのがカリナたちの元に降り立つ
しかし明らかに以前よりは巨人の脅威もなくなり平和への一歩は進んでいると思います ハンジは死亡フラグを何度もかいくぐってきたキャラクターなので、心配ですね・・・
及びそれを原作とした小説、アニメ、ゲーム、映画などの作品 それからは、自分が人類の為に何ができるかを考え行動するようになり、女型の巨人と対した時には命懸けで足止めをしたり、独断でマルロとヒッチを仲間に引き入れたりと、活躍を見せるようになります
ジャンとコニー死亡!? エレンを見たガビは叫びます
「地ならし」は「ナウシカ」の「巨神兵」がモデル? 巨人が文明を終わらせる話ってよくある話ですが、我々日本人や世界に発信したアニメーションで馴染みのあるアニメーションと言えばスタジオジブリの「風の谷のナウシカ」や「新世紀エヴァンゲリオン」ではないでしょうか 訓練兵時代は、ジャン・キルシュタインと一緒にいることが多かったです
アニが吹き飛んだ先にはオニャンコポンがおり、オニャンコポンは聞きます 「助かったよ、あなたが空に弾を撃ち尽くしてなかったら、俺達はまだ殺し合ってただろう・・・」 ミュラー長官は言います
94

鳥になったファルコは地上に着地し、背中のジャン達は、エレンは死んだのか?と話します。

「レオンハートさんがみんなをここまで率いたんだよ、あなたのお父さんが」 ライナーの母親は、「行ってあげて」と言い、アニは灯台の方へと走り出します。

しかし、その次のコマで「ガビ!!よくやってくれた!!」とハンジが口にする瞬間・・・船に何かが刺さっているように見えますよね。

その穴からミカサが入り、エレンの首を斬り通落としていく。

つまり、ミカサのマフラーを巻き直してくれたのは、ほかならぬエレンでしょう。

最終的には ミカサがエレンを殺して巨人がこのようなからいなくなるという結末になりましたね。

29
が、これまでの描写で「エレンが鳥視点で世界を見ていた」コマはいくつかあります 雷槍で死にかける ライナー達はウォール・マリアの壁を塞ぎにきた調査兵団と、シガンシナ区で決戦
その後 両手足を切断され、首をはねられる寸前で車力の巨人によって救出されます 例えば、アルミンたちが海外に出るため海に出たときなど、、 そのことからも間違いなく、鳥はエレンだと考えられます
ゲーム「マブラヴオルタネイティヴ」を参考にしたと進撃の巨人作者が初期に発言したことから読者の中では「マブラヴオルタネイティヴ」を参考にした考察をする人も多い アルミン、ジャン、コニー、アニ、ピーク、ライナー エルディア国で和平ための 親善大使に
リヴァイ強いってのは分かったけどさ、やっぱり人殺しは人殺しだね 「早くしろ!」 ジャン、コビー、ガビをこの場に置き、飛び立つファルコ
作者が影響受けたというだけで、別物だと言う人の一人 「本当に・・・地獄が好きなんだな!?エレン!?」 「いいよ・・・最後までとことん付き合ってやるよ!」 エレンとアルミンの戦いがはじまります
27