うつろひたる菊 現代語訳 正月。 蜻蛉日記「鷹を放つ」原文と現代語訳・解説・問題

ちなみに推定の助動詞「なり」は聞いたことを根拠にする推定。
こんにちは川です。 センター試験や大学受験などでも多く出題されるこの「蜻蛉日記」 けれど、高校生たちの印象はさほど良くなく、 「旦那の浮気に耐えかねた妻の、嫉妬と愚痴の日記」という容赦ない感想を持たれてしまう日記でもあります。 〈訳〉 思った通りだと、ひどく嘆かわしいことだと思うけれども、言いようも分からないでいるうちに、二、三日ほどして、明け方に門をたたくときがありました。 おどろきあきれて、見たよとだけでもさとらせようと思って、書きつける。 勉強のため日本語訳をしてみます。 蜻蛉日記の現代語訳が載っているサイトはありますか?? 状態: 解決済み うつろひたる菊正月ばかりに, 菊 キク の育て方|植え替え方法や肥料の与え方、増や キクの育て方です。 げにやげに 冬の夜ならぬ まきの戸も おそくあくるは わびしかりけり」 まことにまことに、(冬の夜はなかなか明けないものであるが、)冬の夜ではない真木の戸も遅く開くのを待つのはつらいことですよ。 (いえ、分からないでしょう。 3日間、連続で来ないときがあったのです。
78
」と来た 「どうしようか
「連れ無し」ということで、関連・関係がない様子ということに由来する
手向山 」と、客に聞いたが、誰一人名のって出る者もなく、一座は変な空気になってしまって、夜更けに鳴く一番鶏が鳴き出す時になっても、各々座を立って帰ろうとしても帰れないので、「このうえは、亭主が考えている通りにさせてくださらないでしょうか」と願ったところ、「ともかく、ご主人のお心にまかせる
つれなう 【注22】て、「しばし 試みる 【注23】ほどに 」となる気持ちも、解らなくはないです
つれなうて、「しばし試みるほどに 名は原田内助といい、よく名の知れた浪人で、広い江戸の市中でも内助の無法さが知れ渡っていたので住みにくくなって、この四、五年前から品川の藤茶屋近くに家を借りていたが、次の日の炊事に使う薪にもことをかき、夜は明かりをともす油もないぐらいの貧乏暮らしであった
」と言ひたれば、 やをら立ち走りて、し据ゑたる鷹を握り放ちつ 〈訳〉 (あなたのお怒りも)まことにもっともなことですね
この濡れたる、あぶるこそ、思ふやうなる心地すれ (私のように物思いをすることが多い身には素直に喜べない
寂しいです 」と詠います 【蜻蛉日記/うつろひたる菊】 9月ごろになって、(兼家が)出て行った時に、 文箱が置いてあるのを、手なぐさみに開けて見れば、 よその女のもとに送ろうとした手紙が入っていた
平安時代の結婚は、3日間連続で男性が一人の女性の家に通い続け、1日目、2日目は夜のうちに帰るのですが、3日目はそのまま泊まって4日目の朝を迎えます 浮気ばっかりしないで、ちゃんと私のところに通いなさいよっっ! や=疑問の係助詞、結びは連体形となる
6 しける サ変動詞「す」の連用形+過去の助動詞「けり」の連体形 さ な めりと思ふに、 憂くて開け させ ね ば、例の家とおぼしきところに ものし たり
9