日経 ダブル インバース pts。 日経平均ダブルインバースは買わない方がいい理由

しかし日経レバ・ダブルインバであれば必要数をすぐに売買できます <上昇し続けた場合> <下落し続けた場合> 上昇や、下落が連続する場合は、複利の効果で、上昇幅は大きくなり、下落幅は小さくなります
おそらく経済に先行き不安を感じ、悲観的になっている人が多い為こんな事になっているのだとは思いますが、 NISAでダブルインバを買うのは絶対間違っています! NISAは5年という縛りがあるものの、基本的には長期投資を応援するのがコンセプトになっている制度です 日経平均レバレッジ上場投信 1570 これらは日経平均株価指数に対し、2倍の値動きをする商品となっています
政治や経済、その他の理由で大暴落して、 ある程度の期間下がり続けることはあったとしても、 少なくとも、ずっと日経平均が上がり続けることは無いと思っています 変動率をもとに計算しているため、このように上下動が大きいときは減価が進むというわけです
その時の相場状況にもよりますが しかも、最近は大規模金融緩和により、なんとかして株価を支えようと日銀が頑張ってETFを購入しています
それなら、下落が疑わしくなってきたらとりあえず買っといてホールドし、下落を待つのはどうか?と誰もが考えるはず - 7月14日(水)14時30分• 暴落を見て、その勢いはまだ続く!と判断して飛び込んだ結果、 強烈なリバウンドを食らうことがしばしばでした
上のグラフでも、値動きが激しい6月のほうが減価しているのがわかると思います なぜなら、保有する個別株と日経平均株価が異なる動きをすることが多々あるからです
これらは全て株価のトレンドに逆らった投資行動をしたことによって引き起こされています 追記:ダブルインバの運用結果 ちなみにですが、個人的なダブルインバ運用結果として、 2020年5月末から6月頭の踏み上げで大損、 2020年11月の24000円ブレイク時にも保有していましたが、6月の時と同じ失敗はしないようにと早々に手仕舞い
85
運用は先物 ちなみに、日経レバ・ダブルインバースがどうやって運用されているかを調べてみると、どうやら先物の売買を売買して日経平均の変化率の2倍になるようにしているようです 自分自身に言い聞かせてますが、やってはいけないのが、 日経平均が反発してどんどん上昇している最中に、 ダブルインバースを買ってしまうことです
- 7月15日(木)7時08分• ただ、その時の株価よりももっと高い株価の時が、 直近1ヶ月前後以内にあったとすれば、 その高値まで日経平均が上昇する可能性が高いと思いますので、 出来るだけその高値まで上昇するのを待ちます 特に、ダブルインバはETFの中でもトップクラスに減価の度合いがキツイため長期保有には不向きで、 あくまで一時の局所的な下げを狙いに行く用途で買っていく運用にならざるを得ません
これを見てビックリしたのですが、なんとダブルインバが上位にランクインしています 日数的には、日経平均が上がり始めてから、 4日前後以上は上がり続けているかどうかです
t)をつけてください ずーっと右肩上がりに上昇を続ける場合は、減価はしないですが、そのような値動きはありえなく、株価は一般的に騰落を繰り返します
そのため、先行きの株価が値下がりすると読んだ場合、この日経ダブルインバース上場投信を買えば、先物口座や信用取引口座を作らなくとも、空売りと同じ効果を得ることができるのです 時には、保有株は値下がり、日経平均株価は値上がりという「股裂き状態」に陥ってしまうこともあります
87