スピッツ 歌詞 チェリー。 スピッツ チェリー 歌詞

太陽が産まれたて、ということはそれまで僕の歩く道は暗かったのだろうか。 つまり、手紙とは記憶という言葉の言い換えである、とここでは考えることができるわけだ。 草野は基本的に僕側に卑下な言葉を当てはめ、君に対しては崇高な言葉を並べることが多いから。 変態か。 紆余曲折している道だけれど、主人公は少年のような無邪気な恋心を持って夢への案内役としての黄色い砂に導かれる様子が想起される。 これには理由がある。 ズルしても真面目にも生きてゆける気がしたよ 前向きなサビの中にも、しれっとこんなフレーズを混ぜてくるのもスピッツらしさと言ったところでしょうか。 発射しちゃうわけですね。
13