インフルエンザ ワクチン 筋肉 注射。 なぜ日本では筋肉注射での接種が少ないのか?|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

私は看護については素人なのでわかりませんが、教科書的には「皮下注は痛くないが、筋注は痛い」が世間一般の常識のようです。 豆知識として覚えておきましょう!. 確かに痛みや倦怠(けんたい)感、発熱、頭痛などの副反応や、頻度は低いものの、『アナフィラキシー』という重いアレルギー反応が出る副反応も報告されていますが、他のワクチンなどと比較すると高い予防効果が期待でき、発症するリスクが減ること、発症しても重症化予防を期待できることが分かっています。 筋肉注射が痛いというのはむしろイメージが先行しすぎていると思います。 したがって、新型インフルエンザに既にかかった方については、免疫がすでに獲得されているため、ワクチンの接種を受ける必要はないと考えられます。 詳細は、以下をご参照ください。 ただ、アメリカではこれは効果ないんじゃないかということで 今年の接種は非推奨となってます。 ただし、現場から、筋肉注射に不慣れな医師や看護師がいることを指摘する声があるのも確かで、厚生労働省や日本医師会などでは、筋肉注射のポイントを解説する動画や資料を作成しています。 今も意見に変わりはない。
30

以上のことから、インフルエンザワクチン接種は筋注の方が良さそうなことが分かりました。

ということで、皮下注と筋注の痛みに関する論文にどんなものがあるか検索してみました。

(問3)輸入ワクチンは安全ですか? 国内で使用できる輸入の新型インフルエンザワクチンには2つの製品があります。

現在、日本で医療従事者の先行接種で使用されているファイザー社はアメリカ、さらに、日本政府が供給の基本合意を結んでいるモデルナ社もアメリカ、アストラゼネカ社はイギリスの企業であり、すべて海外製のワクチンです。

効果の発現はゆっくりです。

A: ワクチンを皮下注射している日本のような国はじつは少数派で、ほとんどの国は新型コロナのワクチンに限らずワクチンを筋肉注射しています。

もちろんコロナワクチンだって筋注だから痛い訳ではありませんので安心して受けましょうね。

また、 健康な成人の方の中でも重症化する方や死亡される例は見られています。

も海外の標準通り、注射でされるでしょう。

・不活化ワクチンは、筋注の方が効果が高い。

13 48