ボストン 茶会 事件。 5分でわかるボストン茶会事件!アメリカ人がコーヒーを飲む理由を簡単に解説

植民地に住む人々は、50人の急進派組織「自由の息子達」が起こした事件の責任を、すべての住人に負わせるやり方に対し、自分たちの権利を侵害するものであると反発。 44
これは我々が決して奪われることの無かったイギリス人としての権利を侵すものである。 ボストン茶会をきっかけにコーヒー消費量は数年の間に7倍にも膨れ上がったと言います。 一方のイギリス人もかつてはコーヒーを愛飲し、17世紀にはコーヒーハウスが社交や議論、情報交換などの場として盛んに用いられていたそう。 でも現実にそこで生活している人達は、もちろん笑ってなんかいられない訳で。 アヘンが原因での戦争だったこともあり、イギリス議会は「不義の戦争」と反対意見もありましたが、僅差で中国出兵が決まりアヘン戦争の幕開けとなったのです。 アダムズは砂糖法が植民地人の権利を侵害しており、この動きが植民地の同意なしに行われるべきではないことを2人に分からせようとした。 船の責任者は事態が落ち着くまで、停泊することにしました。 に行われた投票では圧倒的多数で可決された。 被害を弁償するまでボストン港は閉鎖。 アダムズはマサチューセッツ州議会の未来の議員2人のために働くことになった。
1

植民地の人々は無論反発して、イギリスからの輸入品に不買運動を行った結果、茶税だけを残して印紙税法は撤廃された。

結局法は撤廃された。

アダムズは勉強好きであり、やに深い興味を示した。

アダムズは将来の職業を決めかねていたが、父親の助言で商業実務の世界に入った。

コモン Common とは、市民の共通の広場という意味だそうです。

イギリス本国は借金をカバーする為に、アメリカ植民地の人達に重い税金をかけ経済の立て直しを図ろうとします。

しかし、イギリスはこれを拒否します。

アメリカはスターバックスのシアトル系コーヒーを生み出し、世界のカフェ文化に多大な影響を及ぼしています。

当時のイギリス経済の根幹を支えていたのは、インドやセイロンで栽培される茶でした。

61