ウルバト 探査。 探査|ウルバト

グローザムに4回連続で復活されても勝てる。 さらに覚醒すると味方の 力・ 技・ 速の 怪獣は、1度だけ受けるダメージをウルトラダウンできるようになる。 対策としては移動力2ながら機動性のあるハイパーゼットンデスサイス、移動力アップが一時的なニセウルトラマンダイナ、レジェンドキラーのグルジオキング、鈍足ユニットを前線に押し上げられるザンドリアスなどが考えられる。 リーダースキル 命中 中ダウン 全 もなにげに厭らしい性能。 クリア状況と報酬のリセットについて 《開催期間によるリセット》 「探査」の開催期間が更新されると、下記の情報がリセットされます。 イベントクエストの敵キャラとしては完璧だったのだが。 3ターン目まで生き延びることができれば広範囲の必殺技を交えた連続攻撃でほぼ相手を壊滅できるだろう。 【エリア概… イベント. 「レイヤー」「エリア」「ミッション」のクリア状況• 【最終評価】 やはり「味方の必殺技サポート役」としての印象が強い。
レイヤー1 レイヤー2 レイヤー3 レイヤー4 累計ポイント報酬. ガルベロスに攻撃させないことも重要。 【最終評価】 登場時からラストまで、イベントクエストからアリーナまで、『ウルバト』のあらゆる場面において圧倒的存在感を放っていたトップメタ対象。 素直に攻撃かHPアップ系で自己強化するだけでも強いが、防衛を任せるなら ガード一択か。 , 余談ですが,ハイパーゼットン(イマーゴ)さんの登場により,ギラファのチームにいるエタルガーさんの存在価値が揺らいでいます(笑), ハイパーゼットン(イマーゴ)さんの活用法はエタルガーさん以上に難しいかもしれませんが,「慣れればエタルガーさんよりも強いのでは?」, 皆様がマーケットで怪獣を購入した後で「思ったより使えなかった…!」など後悔しないために,購入前に参考にして貰えると嬉しいです。 エレキング 放電光線 でSPをブーストでき、遠距離バフ・必殺バフを共用しやすいレイのチームや、火力を補えるうえタッコングに張り付ける火傷チームに組み込んでもよさそうだ。