悪 の 華道 を いきま しょう。 異世界コミック作品まとめ

しかし、一緒に過ごす内に宰相は本気でセレスに恋してしまっていた。
今時の若者である私の意見は今時代表よ 頑張ってください
だが彼女は初夜のあの日、自分が欲まみれで伸ばした手を、温かい愛で包んでくれた まだ未成年の若者であり、世界でも有数の経済大国である宰相が治める国に短期留学へ来た青年です
……まぁ、そりゃあ私も悪かった 不殺生(ふせっしょう) 「生きとし生けるものを殺さない」ということですが、すべての生けるものはみな同じ命を持ち、同じ命を皆が分け合っているのだということです
当時、経典は印刷技術の未熟な頃は人が手で書写することによってしか、制作できず、経を写すことは仏を生むことと同じ、と讃仰されてきました セレスティーヌは侯爵令嬢(こうしゃくれいじょう)で第一王子の婚約者だったが訳あって婚約を破棄され、宰相に無理やり嫁がされる事になっていく
軽く二人のバックグラウンドを解説していく 「ところで殿下
そう、まるで私が男爵令嬢にしたのと同じように 王子は今の地位から引き摺り下ろそうと私の悪事の証拠を集めていたようだ
「幸いお前の弟達も優秀である故、国のことは気にせず安心して出立するように」 そう言って締めくくられた国王の言葉に、王子は精も根も尽き果てたようにその場に膝をつく 顔色をうかがってその場を取り繕うのでは無く、本当のこころから出る言葉、「おもいやりのある言葉」を話そうと心がけるべきです
3