クレアチニン と は。 クレアチニン値が高い?基準値と数値からわかることとは

クレアチニン(Cr)で見つけられる病名 【基準値以下】 筋ジストロフィーなど 【基準値以上】 急性腎炎、慢性腎炎、腎不全、腎盂腎炎、尿毒症、尿路結石など 関連記事• そのため、近年ではより精度の高い検査であるの検査を追加して行うことが多くなってきました。 しかし、 腎臓の機能が落ちると、ろ過しきれなかったクレアチニンが血液中に残ってしまいます。 血液の異常を調べる検査• (BMI指数より)• では、腎機能を評価するための検査にはどんなものがあるでしょうか。 体内ではほとんど再吸収されず、腎臓でろ過されて尿と一緒に排泄されます。 尿酸は食品の中に含まれているプリン体が代謝され、老廃物となったものです。

6-1.禁煙 喫煙は、慢性腎臓病のタンパク尿を増加させ、腎機能障害の進行を促進します。

ただし、タンパク尿を認める場合は、一度は腎臓の専門医を受診しましょう。

基準値以上のときは繰り返し検査を 基準値以上のときは繰り返し検査を行い、いつも基準値を超えるような場合は、糸球体濾過率はすでに3分の1~2分の1に低下していると考えられます。

クレアチニンの数値は筋肉量に比例します。

この内容は医師の監修のもと制作していますが、健康に不安のある場合は、正確な診断・治療のために医療機関等を受診してください。

塩分の摂取を控える 塩分をとりすぎると、高血圧になり、 腎臓への負担を増やすことになります。

クレアチニンの異常からわかること クレアチニンが高値を示す場合、腎臓に何らかの異常が起きていることが考えられます。

クレジットカード決済は、安心・安全なSBPSの【クレジットカード決済】を使用しております。

5.eGFRで対応方法は異なる クレアチニンの異常が疑われた場合、 eGFRの値でおおよそ以下のように対応します。

クレアチニン値が3. 「払込取扱票」をご注文の商品と同送致します。

57