熊本 県 倒産 情報。 倒産速報

熊本県を主体に自社で開発した太陽光発電所を50キロワット単位で区分けし、投資を目的とする事業者や一般個人に対して分譲販売するほか、自社で所有している太陽光発電所「水増ソーラーパーク」(山都町)などから売電売上を得て、2016年7月期は年売上高約6億9200万円を計上した 熊本県内の食品スーパー2社が8月31日をもって事業停止し、破産手続きに入った
その後も、同業他社との競合などで売り上げは低迷していた このため最終的に負債総額がふくれ上がったとも言われている
<外部リンク>• 「熊本」 TakeEnergyCorporation(株)(資本金4950万円、菊池郡菊陽町原水1157-3、代表竹元一真氏)は、4月28日に熊本地裁より破産手続き開始決定を受けた <外部リンク>• 貿易 <外部リンク>• 大手家電量販店や家具量販店などの店舗工事を手がけた実績を有し、福岡支店や熊本支店を開設して以降は、九州エリアの案件を手広く行うほか、首都圏の案件も手がけるなど業容の拡大を図り、2015年2月期は年売上高約50億7200万円を計上していた
<外部リンク>• 熊本県では、県内の経済指標について関係資料をとりまとめた「熊本県の経済情勢」を作成しています <外部リンク>• <外部リンク>• 投資 <外部リンク>• 大手ゼネコンや地場中堅建設業者などから受注した店舗、オフィスビル、ホテル、マンション、工場等の新築に関わる給排水・空調・消火設備工事を中心に、電気設備工事や太陽光発電工事も手がけていた
B.分野別最新指標• 負債は約30億円 <外部リンク>• 申請代理人は松田健太郎弁護士(大分市中島西1-1-28、まつだ総合法律事務所、電話097-535-1515)
<外部リンク>• その他 <外部リンク> 2 他のお役立ちリンク• 詳しくは、PDFデータをご覧ください 当社は、1996年(平成8年)3月に設立
95 62