月経 前 症候群 漢方。 PMS(月経前症候群)と漢方

具体的には、肩こりや、冷えなどの不定愁訴や、月経関連の不調が挙げられます。 漢方薬には、PMSの一時的な辛い症状を取るものと根本原因を改善して症状を少しずつ取り除いていくものがあり、症状や体質をみながらお薬を判断します。 また、肝臓の経絡が走っている場所に症状が起こりやすく、肝臓と表裏関係の胆経が走る経絡の場所にも症状が起こりやすくなります。 いつも鎮痛剤を使っていました。 月経痛と月経前症候群の事を考えてみたいと思います。 効果:気分を落ち着け血行をよくします。 どちらかというと漢方にかかれば、PMSの改善は比較的容易であると思います。
16
うつ症状 やる気の減退、絶望感や自己卑下、涙がとまらない等 や反対にイライラする、持続的に怒りっぽい、攻撃的になるなど、過激な症状がみられ、感情の爆発を周囲にぶつけて人間関係に悪影響をもたらすこともあります 少し時間をかけながら、徐々に不調の起こりにくいからだへと体質改善ができるのは漢方ならではです
イライラする• 桃核承気湯(とうかくじょうきとう) 出典: 桃核承気湯は、血流が滞る血行障害やうっ血などの症状を改善する代表的な実証の人向けの駆瘀血剤(くおけつざい)です 集中力が途切れる• 不眠や不安感などの精神症状が強いときに用いられます。• PMSって何? PMS (月経前症候群:Premenstrual Syndrome) 月経1~2週間前に起こる様々な体調不良のことで、月経が始まってしまえば、自然に楽になってしまう症状の集まりのことです
軽い方ですと1ヵ月で良くなられますし、非常に重い方でも半年も服用すればかなり楽になったと実感していただけます 問診や腹診、脈診により、その方の体質と気・血・水のどこに問題があるのかを診断して、適切な漢方薬を選びます
体力がない人で肩こりやめまい、頭痛、のぼせ、汗っかきなどの身体的症状のほか、イライラや不安などの精神的症状に対しても効果を発揮します 左右とも反対の親指で5秒間位押しては離すを数回行いましょう
これら生理痛と生理前症候群を私が東洋医学的に考えると生理痛は主に子宮内膜が弱く冷えやすい状態の人に起こりやすいのではないでしょうか 寝つきが悪くなる• そのため、水毒・水滞の方の多くは冷え性を伴っています
うつ病や不安障害のほかPMSの改善に有効ですが PMSに対しての処方には保険が適応されないため、うつ症状がある場合にのみ処方されます 初診時の治療でコントロールがつかなかった10例の患者のうち2例は他の漢方薬と入眠導入薬,あるいは抗うつ薬が有効であったが,その他の8例は治療法を変更した後受診していないため経過は不明である. 落ち着かない• また過食や行き過ぎたダイエット、偏食などは心身に負担をかけPMSの症状悪化を引き起こすため、 食生活の改善も有効な治療法のひとつです
()の辛い症状の中に吐き気があります 漢方では、気・血・水を以下のようなものと定義付けています