栗山 幸明。 群馬県の弘道会野内組傘下の栗山組組長はお兄さんの幸明さんも稲川会に事故に見せかけられて殺されていた。

それが、いよいよ3月28日に予定されている定例会で行われるのではないかといわれているのだ。

半グレが関わっていたといわれ、10月には栗山組本部に火炎瓶が投げ込まれた。

どちらが言ったのかは分からないが、『喧嘩しかないですね。 「彼は昨年の半ばごろに、3人で引っ越してきました。 栗山組 二代目栗山組(くりやまぐみ)はに本部を置く暴力団で、指定暴力団・六代目の四次団体。 ただし、今回の定例会のタイミングでは、何かが起こるようなことはありませんでした」(法律に詳しい専門家) 一方、現在の神戸山口組の内情に関心を寄せる業界関係者たちが注目したのは、先月、神戸山口組総本部長という重職を突如辞任したことで話題を集めた正木組・正木年男組長だったという【参考記事】。 2018年8月、六代目山口組・二代目章友会舎弟頭補佐であった栗山幸明が、神戸山口組・五代目山健組・誠竜会に渉外委員長として移籍。 「稲川会は毎年、司六代目の誕生会前日に最高幹部らが総本部を訪問していた。 291• 前回の太田の祭りでは真鍋組末川さんが面倒見てる人達と聞きました。
70