六 龍 フル オート。 【グラブル】六竜ワムデュス土マグナフルオート討伐成功!

なので リリィ2(上限40%)を一度入れてしまえば、ランバー1(上限30%)を重ね続けることでリリィ2の上限40%まで届きます。

刻印キャラがいる場合は刻印石のスルト。

当初、フルオートでの討伐は難しいコンテンツでしたが、2021年3月に実装されたオートガード機能のおかげで、フルオートでの攻略が現実的になってきました。

選択アビリティ ランバージャック 固定 自由枠 自由枠 落葉焚き 自由枠候補 ミゼラブルミスト グラビティ ディスペル ソウルピルファー アーマーブレイク アローレインIII ランバージャック使いなら言うまでもないであろう候補。

ガレオンは特殊技の解除に多段ヒットのアビダメを持つキャラが特効となるので、バレンタイングリームニルやシャトラを所持していれば確実に編成に入ってきます。

どの組み合わせでもサブにアーカルム石を2種装備しておくだけ。

そのためにも選択キャラはレ・フィーエ、リリィ、アグロヴァルの3人になります。

2本目の扇抜が作成できたので、次のような編成でフルオートしてみました。

ただし火属性ダメカは効きます。

(ブルースフィアは2本4凸していますが、技巧武器は凸していません。

編成例 両面マグナ オッケ4本差しの両面確定クリ編成 また解放武器の泡沫夢幻ですが、久しぶりの風のリミ武器です
失敗パターンは10%までにエスタリオラのHPがそれなりに削られていた為に大激震で落ちてその後降砂石を解除できずに倒されてしまうケース キャラ編成例 編成例 フロントが恒常キャラのみと敷居が低い上に非常に安定した編成
サブ2にはハーゼ ・スロウに特殊ダメージDOWNのおまけ
マグナフルオート討伐 結果 キャラのハードルを下げた分かなり討伐に時間はかかりました 理由としては ・天司武器互換のサポアビを持っているので武器編成の自由度が上がる
壊滅することは何度か試しましたがありませんでした ローズ武器とかもいいかも
リミットアビリティのタクティカル・シールドが高耐久値のバリアにマウント、ブロックとガレオンに最適のアビリティとなっています 味方全体がクリ発動時に10%追撃…水属性の水着カリオストロと同じですよ?ダメ上限までついていて強いとしか言いようがありません! 続いて、奥義とアビリティについて見ていきます
種族がばらけているのでリリィのサポアビ条件を満たしているのも強み 六龍討伐戦HLの基本情報 周回の目的 このマルチバトル限定でドロップする武器( アンセスタルシリーズ)があり、なおかつEXボーナスという付加要素があるので、このスキルを厳選しようとすると、かなりの数をこなす必要があります
ディアンサ入り(ティターン) タイム分布:10分台~11分台 ターン数:38T~41T ベスト:10分36秒 成功率: 100% 7戦7勝 土ディアンサは奥義に回復とクリアがあるのでフルオートの安定感はさらに増します 最初はまず自動復活のあるカグヤか義勇を設定してやってみましょう
残り1枠は回復が不安ならセワスチアンか出来るだけしぶとく削ってくれるキャラのどちらか オートガードは無し
59

・ダメージを受けるたびに味方全体の回復をする。

) 六竜HLに関しては自発赤箱からの六竜武器のドロップが約1割と言われていますが、私も体感それぐらいは落ちていると思います。

これは六竜HL等をフルオートする際に敵の予兆に合わせて味方キャラが自動でガードを行うようになる機能です。

ドラゴニックウェポンを装備 シュバ剣多めでHP4万程確保。

(集められてない…) この編成でだいたいHPは4万前後となります。

一応この編成で100%成功していますが時間がかかりすぎるので、食事や時間のかかる作業等でしばらくゲームに触れられない時にフルオセットして放置していく形がいいと思います。

石とか 石は強いのを適当に。

(各人1回限定) このコンテンツにおいても自発赤箱が大正義で、青箱からも武器ドロップがそれなりに報告されています。

リミットアビリティのタクティカル・シールドが高耐久値のバリアにマウント、ブロックとマッハ3対策に最適のアビリティとなっています。

これで最終タイムとHP状況がこんなもん。

59