中標津 空港。 中標津空港管理事務所のページ

現在、の航空フォト 飛行機 写真・画像 が投稿されています。 6倍になる)。 当初、日本政府は1泊2日での日程を主張したがロシア政府側の同意が得られず、 [ ]日程は日帰りで計画され、中標津空港から出発した一行は、で墓参団は入域手続きをし、国後島の墓参者を降ろし 、で択捉島の墓参者を輸送し折返し、択捉島から国後島へ向かったが、国後島は霧により着陸できず、帰国時の手続きも国後島で行う予定だったため、へ向かい択捉島墓参者はユジノサハリンスク、国後島墓参者は国後島のでそれぞれ宿泊し、翌日ユジノサハリンスクから国後島経由で帰国(国後島からは北海道本島へ移動)となった。 空港への交通手段 [ ]• 1978年撮影の4枚を合成作成。 ターミナル施設も西に新たに移転し、新築された現空港ビルが「国内初の木造建築空港ビル(鉄筋一部混合、一部3階建て)」としてオープン。 機材:•。 7月、釧路地方気象台中標津空港出張所に改組。 (昭和58年) - (発中標津行)YS-11型が着陸に失敗、中標津空港付近の林に墜落するが発生。 航空会社:• - 根室中標津空港ビル株式会社は北海道の「関与団体」として指定されている。 4月、札幌管区気象台新千歳航空測候所中標津空港出張所に改組。
76
機材:• (昭和48年) - 8月1日、設置管理者の指定変更 による東京便の就航開始
4月、札幌管区気象台新千歳航空測候所中標津航空気象観測所に改組 機材:• 駐車場 - 383台• 機材:• を基に作成
脚注 [ ] []• (昭和40年) - から丘珠便の定期航空路線が移り、供用開始(西春別よりも中標津のほうが、当時存在したを利用した方面への移動が便利だったため) 戦後、閉港となり、農地として払い下げられ、放置される
(昭和20年) - 米軍の空襲を受ける 1階 - ANAカウンター、到着ロビー、受付カウンター• 2階 - 出発ロビー、搭乗待合室、レストラン・売店• 機材:• 軍用引込線廃止
レンタカー [ ] 到着ロビーに営業所までの送迎受付カウンターが設置されている 年間乗降客数は、2007年頃までは20万人台前半で推移していたが [ ]、やなどによる旅行客の減少により、2008年以降は18万人前後となっている
58