トリトドン。 トリトドン|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

ちなみにシロナとノゾミは西の、シンジは東の個体。

を相手の技に合わせる前提でを交代出しして、みず技によるセキタンザンの事故死はトリトドンのよびみずで防ぐというプレイングもそこそこ見られた。

してにはならない。

相手の積み技を無効にしながらダメージを与えられる優秀な技。

地面枠に、水枠に、、をメインとして、サブに、など。

自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。

通称ぽわぐちょ要塞。

最初に登場した「」では生息地によって色が変わるであったが、近年はで登場する色が違ったり、世代によっては野生で捕まえられるのは片方1種類と言う場合もあり好みの色を入手するのが難しくなってきている。

46
ダイアースは特殊耐久の底上げ、ダイストリームとダイアシッドは火力の補強が可能だ の解禁が待たれる
主な入手方法 SM• 第5世代で「よびみず」が強化されたことにより使用者が減ってしまった ストーリーの途中で、ある事情により夫婦喧嘩をしたことがある
WCS2018マスターカテゴリ優勝メンバーの1体であり、決勝戦1本目ではからの交代読みで出て来たに大ダメージを与えた のが解禁されると、とは異なりアタッカーであるためいかくが実質無効である点、雨パが隆盛している中ででそれらを牽制できる点、と一致メインウエポンでいかく持ちに対して役割を遂行できることなどから、需要が拡大
第五世代 、を獲得 外敵に襲われると、身を守るために紫色のを体から出して逃げる
補足すると、数ある関連の中でトリトドンのは極めて少なく、に誕生してから今までに出たトリトドンは全図鑑や程度 筆者調べ で、はおろかすら存在しない有り様であった の違いはあるものの、まさかの化である
威力120で追加効果なし、命中が85で不安定なハイドロポンプは、受けポケモンであるトリトドンにそこまでの火力を求めるか USUMリーグダブルバトルシーズン9で使用率30位を記録したのを皮切りに、以降同リーグ同バトルでは何度かベスト30入りするようになった
ただし、乾燥に弱く、陸に上がれる時間は僅か ただ、この世代ではの技の威力見直しなどくさタイプの強化がなされていたため、その点では若干向い風であったか