旭川 医大 学長。 吉田晃敏(旭川医大学長)の評判は?出身や学歴家族なども調査

回答があり次第、追記する 旭川医大を変えるには、内部からも声をあげ、吉田学長の退任を要求する以外にはありません」(元病院関係者) 吉田晃敏旭川医科大学学長のリコールを求める全国有志の会では、1万筆の署名を目指し、3月を目標に文部科学省に提出予定だという
アーカイブ• 地方病院勤務の医療職だがコロナ対策でかなりの減収になっていると上から伝えられている 466• (参考:) 学長の尋常ならざる言動は、旭川医大ではもちろん、市内の病院や眼科界でも周知のことだと関係者は言う
できるだけ早く患者を出してあげなきゃいけない 幸いな事に勤務先ではまだコロナ患者は出ていないが、それでもコロナ患者用の病床を確保するとなれば相応の負担が出る
FRIDAYデジタルは、そんな吉田学長の自信の表れが見える、ある「写真」を入手した 新型コロナウイルス感染症患者の受け入れを巡る問題 [ ]• 吉田学長は、学内の会議で「吉田病院があるという事自体が、ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅとコロナを巻き散らかして」等と発言し、この録音も〝文春砲〟で明らかになった
【9日午後3時半 追記・更新】 その後、同大総務部総務課広報基金係から以下のような回答があったので追記する 水元医師が指摘する通り、吉田学長の長年にわたる「大学支配」は、地域医療にも深刻な影響を与えている
吉田病院は後方支援病院として、 患者さんをずっと受け入れてきているのにひどいですね」(北海道医療大学・塚本容子教授) 吉田学長は「なくなるしかない」との発言について… 「吉田病院の閉鎖などを望むことを意味するものではありません」「病院内で治療した上で、患者の回復を待つのも 1つの方法ではないかとの考え方を述べたものです 一連の問題が様々に報道される中で、吉田氏が滝川市立病院(北海道滝川市)とアドバイザー契約を結び、月額40万円の報酬を受け取っていた事が発覚した
380• このとき、医師に無断で本人の押印がなされ、そこに吉田学長の押印がされた有給申請書類が作成され、あたかも医師本人が有給申請しているかのように体裁を作っていた 仮にこのメールが怪文書で、何者かが吉田学長の名前を騙って文面を作成したのであれば法的な問題が生じる可能性がある
病院長は受け入れ許可を学長にもとめましたが病院長にコロナ患者を 「受け入れてもいいがその代わりお前がやめろ」などと発言したということです 同会は吉田氏に学長の辞職を求めるとともに、もし辞職をしない場合は、学長選考会議に対して、文部科学大臣に学長解任の申し出を行うよう求め、署名活動を始めた
12月には受け入れ時に「(クラスターの吉田病院について) コロナをなくすにはあの病院が完全になくなるしかない」などと発言したと週刊文春が報じました 旭川医科大学病院、集中治療室
29
しかし吉田学長が前任の前任の学長の再任を無理矢理反故にし、自らが学長になって学則を勝手に改定して『1期4年の再任は無限』という制度にしたのです」(大学関係者) そのうえ、学長を始め大学の運営に関与する役員につく者は臨床から離れ、教授職などは返上して執務に当たるのが基本だというが、吉田学長は現在、眼科教授を兼任している。 受賞事例名は「ICTを用いた「切れ目のない医療支援体制」の確立」である。 出典:. ひどいですよね。 3%を超えたことを踏まえて、3月26日、吉田学長の処分を検討している学長選考会議に、学長職の解任を要請したことを記者発表した。 日本遠隔医療学会のモバイル国際医療文化書い会長もしていて、オンライン診療などにも力を入れています。 そして吉田晃敏氏は 遠隔診療を推進しています。 (平成21年)6月 - 平成21年度「情報通信月間」 表彰 個人賞• 一方、病院長を解任された古川氏は3月で旭川医科大病院を退職する予定だ。 これから期待される分野ですね。
95
学長の振る舞いや決定に対して『それはおかしいのではないでしょうか』と意見しても、聞く耳をもたないばかりか、その発言者を追い詰めたりする コロナを完全になくすためには、あの病院が完全になくなるしかない」などと暴言を吐いたことを週刊文春が報じた
2018年5月には、NTT東日本に依頼したシステム開発が失敗した責任をめぐり、同社との間で裁判になった(最終的に高裁判決で、旭川医大が約14億1500万円を支払うことが確定している 吉田病院の理事長は同病院が患者の受け入れを拒否した事、クラスターが発生したと同時に派遣医師を一斉に引き上げた事をホームページで批判
そこで月刊財界さっぽろ4月号では、吉田学長への単独取材時の主な発言を、手記形式で再構成 「正常化を求める会」に先駆けて全国で署名活動を始めたのは、旭川医科大皮膚科学講座の元助教授で、同大1期生だった吉田氏を教えた水元俊裕医師が代表を務める「吉田晃敏旭川医科大学学長のリコールを求める全国有志の会」だ
524• 以下、メール本文を原文ママで引用する このポスターも、ごく最近まで学内に掲示されていた. 「若手の医師はサンロク街(旭川市の歓楽街)で朝まで飲みに付き合わされることがよくあった
あることないこと悪評を立てて、みんなの前で『クビだ』と叫ぶんです」(元病院スタッフ) 在任14年、吉田学長の権力は増すばかりだが、そもそもこんなにも長期間、国立大学の学長の座に君臨していられるものなのだろうか 約2割にあたる386人から回答を得たという
38